さいとうひろおブログ

夢と希望と借金しかない。千葉県の実家から沖縄目指して歩いてます。自分探しではなく、探した結果見つかった答えがこれだった。

【28日目の話】山の中で出会った外国人お遍路さん

28日の朝、柳水庵で身支度をしていると一人の外国人さんがやってきた。



「おはようございます」と挨拶をすると相手も「おはようございます!」と返してくれた。


その後、浄蓮庵で休憩していると後から追い付いてきた。


雨宿りしながら話をした。


彼の名前はジョナサンさん。
アメリカ人で宗教学者、今はサウジアラビアの大学で教鞭を取る大学教授だ。


昔に日本に住んでいたお陰で日本語は堪能だ。
ジョークを交えながらよく喋る。


彼は30年前にお遍路を経験したらしい。


私が「古いお寺や山の中の景色が好きです」と言うと彼は激しく同意してくれた。


ジ「そうなんです!私は30年ぶりに来て心配だったんです。どこも綺麗になって自動販売機が設置されているんじゃないかと。でも安心しました。山の中は変わっていませんね。」


「八十八ヵ所は堕落しています!金儲けばっかりだよ!宿坊(しゅくぼう:寺内の宿)でお酒売ってるんだよ!?そのお金で坊主はロレックスをつけてる!」


私「わはははははは」


ジ「昔写真を撮りました。寺の小僧が一輪車(乗るやつじゃないよ)で寺中の賽銭を回収して運んでいるんですよ!私は許可をもらって写真を撮りましたけど、小僧はなぜ私が写真を撮っているか分かっていませんね。私はあなたの恥ずかしい姿を撮っているんだ!」


私「わははははははは」


至極真っ当な巡礼者、至極真っ当なお遍路さんです。


ジ「孫は私と一緒にお遍路に行きたいと言ってくれますけど、まだ小さいので無理ですね。奥さんは全然興味なし。一人で行ってきなさいって感じです。」


「奥さんは「山の中で死なないでね」と言いますが、愛しているからではないですね。山の中で死んだら引き取りに行くのが面倒だからです。」


私「わははははははは」


ジョナサンさんは大学の夏休みを利用して来日しており、これから区切り打ちで廻る計画だそうです。


私が最初に彼に引き込まれたのは、自分が野宿で旅をしていると言ったときに「野宿は一番楽しいですね!」と返されたときです。


大抵の人は「大変ですね」と言います。
日本人の会話のクセかもしれませんが、大変なこと、ツラいことへの同情から入る人が多いです。


しかしジョナサンさんは「楽しい」方に同意してくれました。


これがバッチリ私にハマりました。


(そう!楽しいんだよ!この人は分かってくれている!)


ジ「仕事についたり結婚したらそこから30年旅に出ることはできませんでした。やれるときにやるのがいいですね。」


彼とは焼山寺まで一緒でした。


彼は宿に向かうため、私は奥の院へ向かうためそこで別れました。


良き旅を!


お孫さんと廻るときにまた会いたいな!














最新の近況報告はこちらから随時更新中!!

↓↓↓↓↓↓↓


ツイッター


インスタグラム