さいとうひろおブログ

夢と希望と借金しかない。千葉県の実家から沖縄目指して歩いてます。自分探しではなく、探した結果見つかった答えがこれだった。

もう西野亮廣の本は読まない『新世界』【未読レビュー】

どーもどーも。



西野亮廣(にしのあきひろ)。
お笑いコンビ『キングコング』のツッコミ。

















好きです。



右下の写真の左側です。











そんな西野亮廣さんが昨年本を出しました。

本屋さんでは買えないバージョンです。







本当にすごい人なんです。


だから、西野亮廣の本は読みません。


以前に出された『魔法のコンパス』『えんとつ町のプペル』『革命のファンファーレ』は読みました。

フェイスブックのオンラインサロンにも入っていました。





昨年開催されたバーベキューにも行きました。

にしのー!こっち向いて!
 


西野亮廣と仲間たちが作ったスナックにも行きました。

ホームレス芸人のホームレス小谷氏。



そうしてしばらくの間、西野亮廣を身近に見て感じての答えが「オンラインサロンの脱会」西野亮廣の本は読まない」です。


西野亮廣はとてつもない「熱」を持っています。


西野亮廣「燃え盛る炎」です。


西野亮廣のそばにいるとその熱に当てられて体が熱くなります。


うおーー!!ってなります。


いわゆる「モチベーションが上がる」ってやつです。


なんでもできそうな気がします。


しかしそれは錯覚です。


気がするだけです。


自分はくすぶっています。


自分の中の火種はまだまだ小さいです。


西野亮廣のそばにいると一瞬、炎が燃え上がります。


しかしそれは「西野亮廣の炎」です。
 

自分の火種は小さいままです。


西野亮廣のオンラインサロンには会員が1万9千人います。


すごい人達がたくさんいます。


社長さん、起業家、フリーランス、自営業、アーティストなどなど。
 

彼らは皆燃えています。


そこで西野亮廣の炎との相乗効果でさらに勢いを増していきます。


そう、彼らは炎の大小に関わらず自分の中に炎を宿す同志なのです。


馴れ合いなど微塵もありません。


私はそういうやりとりをずっと見てきました。


そして自身に問う。


自分の中に炎はあるか。


吹けば飛ぶような小さな火種ではなく。


しっかりと胸のなかに消えてなくならず、暗闇を照らす松明のごとき炎はあるか。


火種を炎にする方法。


平凡な日常のなかで、いかに平凡な努力を繰返し継続するか。


西野亮廣の努力の量は半端なものじゃないぞ。


なんでもできるのは芸能人だから?知名度があるから?金があるから?


西野亮廣のブログを読んでから言え。


西野亮廣と同じくらい努力をしてから言え。


俺は西野亮廣に憧れている場合か。


俺は西野亮廣のすごさを目の当たりにして「モチベーション上がった!」ってはしゃいでる場合か。


火を起こせと。


木の板かき集めて、木の棒かき集めて、手のひら血がにじむくらい木をこすれと。



西野亮廣の本にどんなことが書いてあるかはわからんけど、とりあえずすごいことが書いてあるだろうことはわかる。


それを読んで、またいちいち「おおー、すげー!」なんて思うのはもうやめだ。


今自分がやらなければいけないことはなんなのか。


本を読んでる時間があったらそれをやれと。


だから俺は西野亮廣の本は読まない。


以上だ。



















最新の近況報告はこちらから随時更新中!!

↓↓↓↓↓↓↓


ツイッター


インスタグラム


フェイスブック