さいとうひろおブログ

夢と希望と借金しかない。千葉県の実家から沖縄目指して歩いてます。自分探しではなく、探した結果見つかった答えがこれだった。

『来る』【映画感想 ネタバレなし!】

どーもどーも。



昨日の記事のあとすぐに近くの映画館に行って観てきました。


小説『ぼぎわんが、来る』を原作にして中島哲也監督が手掛けた映画『来る』を。


感想です。











「力技で煙に巻かれた」












「力技」といってもそんじょそこらの「力技」とはわけが違いますよ。


これこそが「力技」。


清々しい。


「これは本当に『ぼぎわんが、来る』が原作なのか?」と言いたくなるレベル。


人からストーリーを聞いて想像を膨らませて作ったんじゃないかと。


「原作」ではなく「着想」と言った方がいいんじゃないかと。


原作者がどう思おうが知ったこっちゃないってレベルでメガホンをフルスイングしてます。


あっぱれなり。


観ながらツッコミを入れていたら途中からツッコミが追いつかなくてなったので諦めて無心で楽しもうと気持ちを切り替えました。


もうね、凄いです、中島監督。


今回は私の読み通り、リアルとフィクションのバランスが崩れていた原作が中島監督の世界観によって再構築されたことで統一感が生まれ、徹頭徹尾ぶっ飛んだ痛快エンターテイメント作品に仕上がってました。


元日に映画館で映画を観たのは初めてですしそれが面白かったというのも縁起がいいですね!


今年も良い年になりますように、なんて祈りませんよ!


良い年にしていきます!


決意です!覚悟です!行動あるのみ!


本年もどうぞよろしくお願い致します(^^*)











最新の近況報告はこちらから随時更新中!!

↓↓↓↓↓↓↓


ツイッター


インスタグラム


フェイスブック