さいとうひろおブログ

夢と希望と借金しかない。千葉県の実家から沖縄目指して歩いてます。自分探しではなく、探した結果見つかった答えがこれだった。

「行動力」の定義

f:id:rwsnc892:20181223161102j:plain

みんな俺の行動力を羨ましいと言うが、俺はそれほど行動力があるわけじゃない。


「行動力」の定義は「思ってから実行するまでの時間の短さ」だ。

 

「あっ」と思ってから体が動くまでの早さ。
これが行動力。 


俺にも行動力が発揮される場面と完全に出遅れて機会を失う場面がある。


しかも後者の方が圧倒的に多い。


俺は「あ、出遅れた」ということを強烈に意識する。


「なんで今いかなかった」
「なんでためらった」
「なにビビってんだ」
「恥ずかしいことじゃないだろ」
「悪いことじゃないだろ」
「この前はできたじゃないか」
「あー、また言い訳してる」


後悔の連続。後悔の積み重ね。自己嫌悪。


これが俺の日常だ。


俺の1個の行動は100個の後悔の積み重ねだ。


俺は後悔に敏感だ。


小さなことでくよくよしてるんだよ。


そうは見えないかもしれないけど、それは人それぞれ後悔するポイントが違うだけだ。


「やらない後悔よりやって後悔」


俺は「やらない後悔」に敏感だから、成否の確実さより「とにかく行動」を取る。


女の子を好きになったら「好き!」って言っちゃうんだ。


ろくに会話してなくても相手に彼氏がいても関係ないんだ。(いやホントはめっちゃ関係あるけど)


俺はまだ「そういう段階」ということだ。


行動力が身についたなら、次はその行動に具体的な成果を求めるようになるだろう。


「やるかやらないか」を迷ってしまう弱さを乗り越えて「やる」のが当たり前になったら、次は「どうやるか」に思考が移っていく。


俺は今まで行動力もないくせに頭でっかちで初めから「どうやるか」のテクニックに走っていた。


基礎練習なしに応用技術なし。


まだまだ弱い。
またまだ遅い。











一番タイムリーで細かい更新情報は

↓↓こちら↓↓
ツイッター

こちらもアカウントあり!

フェイスブック


インスタグラム