さいとうひろおブログ

夢と希望と借金しかない。千葉県の実家から沖縄目指して歩いてます。自分探しではなく、探した結果見つかった答えがこれだった。

俺にとって『書く』ということ

俺は自分の考えや思っていることはブログの方に書いていてインスタグラム(以下インスタ)は日々の記録用って感じで使い分けている。


インスタは友達との繋がりや趣味の共有ができるので好きでやってる。


でもブログに書いている自分の内面をまとめたり書き起こしたりするのは好きでやってるわけじゃない。


インスタで『いおりゆき』さんという人が俺の投稿にいいねを押してくださったのだが、その方が投稿されている文章がとても面白いのでいくつかかい摘まんで読んでみた。

 


その投稿の中に『「書きたい」という衝動』という一文があった。


結局はこれなんですよ。


『○○をしたい衝動』


どの分野でもプロでもアマでも関係なくて「これをせずにはいられない」って感じでやってる人が面白い。


広く有名になるか金になるかは分からんけど、もしくはそんなのに興味はないけど表現せずにはいられない人。
誰かの心には深く深く突き刺さる人。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


俺にとって今『旅に出た』ってことがそれに当たるんだけど『書く』ってことはそうじゃない。


『書く』ことを『表現手段の一つ』として用いてるわけじゃなくて『書く』ことが持つ一般的な効用である「頭の中を整理する」ために用いてる。


ただ旅をして「たのしー!」っていうだけじゃ物足りなくて『なぜ旅に出たのか』っていう部分を掘り下げたいわけ。


すんごい面倒くさい作業なんだけど、これをしなきゃせっかくの旅が浅いままで終わっちゃう。


そういう意味で『旅に出た』のは『衝動』に駆られてのことだけど『書く』ことは『必要』に迫られてのこと。


頭の中を整理するためにはなにも旅に関することだけじゃなくてむしろ日常感じたこと、今まで感じていたけどあえて言葉にしてこなかったことを言葉にしていくことが大事。


これが書き始めると大変なのよ。


書き慣れてないもんだから書いてるうちに一つのテーマから外れてあれもこれもいろんなことを書きたくなってきたり、そもそも書きたいと思っていたテーマの主眼が違うことに気がついて一から練り直したり。


だからブログの一記事を仕上げるのに二時間から六時間くらいかかることもある。


でも書き終わるとスッキリ!
書いてよかったなーと思う。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


もうこれは完全に自己満足ですから、自分以外に意味があろうことなど微塵も気にしていなくて。


だからといってこれは『オナニー』じゃないわけです。


ただ単に書きなぐってモヤモヤの憂さ晴らしをしてるわけじゃない。


俺にとってブログを書くことは『リハビリ』なんです。


心のリハビリ。


動きたいように動けない体を素直に動けるようにするのが体のリハビリ。
思うように思えない心を素直に思えるようにするのが心のリハビリ。


さっきも書いたようにめちゃくちゃ面倒くさいんですよ。


なんなら書かなくても(リハビリ)しなくても生きていけますわな。


ただ生きていくだけなら。


心も体も。


しかし『より良い人生』を求めて書くわけです。


『より良い人生』を送るためには『書く』ことが必要だと思っているわけです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


てなわけで長々書いてきました!
これからもリハビリ頑張るぞー!!