さいとうひろお

夢と希望と借金しかない。千葉県の実家から沖縄目指して歩いてます。自分探しではなく、探した結果見つかった答えがこれだった。

【44日目】立江寺〔非公認奥の院〕 拳正寺、取星寺…他

6月13日(木)


昨日は1日お休み。
夜は大通りから少し奥にある川沿いの東屋で就寝。




住宅に囲まれているわけではないので人通りもなく車も通らない。


ベンチは幅も長さも十分で屋根が日除けにもなってくれる。


快適すぎて10時間寝ました


Googleマップを見るとすぐ近くに高評価のラーメン屋さんを発見したので行ってみる。


少し不安になる外観




中華そば『木具屋』


招き猫が出てると営業中の印


肉入りでも安い


いろいろ自由


暖簾をくぐるなり「大盛りにしときますね!」と大将。


わかってらっしゃる。




肉入りで大盛り750円。


評価通りスープが絶品! 


量や味の濃さで「食べた気にさせる系」のラーメンとは違う、本当に美味しいラーメン。


久しぶりに堪能しました(^人^)


--------------------


今日はまずはこちらのお寺を参拝。





宝珠山 拳正寺(ほうじゅさん けんしょうじ)』


ここは十九番立江寺奥の院とされていますが、立江寺清水寺を唯一の奥の院として拳正寺を認めていません。


拳正寺が奥の院として知られている理由は松浦武四郎という人物によるものです。


松浦武四郎(まつうらたけしろう)

江戸時代末期(幕末)から明治にかけての探検家、浮世絵師、著述家、好古家。

蝦夷地(えぞち)を調査し「北海道」という名前を考案した。



彼が19歳のとき(1836年)に四国八十八ヵ所霊場を参拝し、その記録をまとめた紀行文を1844年に『四国遍路道中雑誌』として発表しました。


その中に拳正寺が立江寺奥の院であるとの記述があるそうです。


八十八ヵ所霊場でさえ歴史的に変遷していますので奥の院も言わずもがな。


いろいろな「事情」もあるのでしょうから深く突っ込むことはせず心の赴くままに参拝することにします。







「大悲の笑み」とあるのにご本尊は観音様ではなく地蔵菩薩様というのが気になります。
大悲(だいひ)とは観音様のことなので。









お大師様も訪れて観音様をお祀りされています。


観音山という名前からしても観音様に縁の深いお寺だと思いますが、ご本尊様は地蔵菩薩様です。やっぱり気になる。





本堂の裏山には墓地が広がっていますが、その周辺に観音様の石像がいくつもあります。


繁った草木に隠れていますが結構な数あります。
ミニ四国のようにぐるっと参拝できるような道も見受けられるのですが残念ながら保全されていません。






隣接して羽浦神社があります。
集会所や公園もありこの日は地元の人たちが多くいらっしゃいました。





小さくて読めない(見切れてる)のでざっくり説明しますと、昔ここ一帯にあった神社23社を合祀してあるそうです。


神様いっぱい狛犬いっぱいの神社でございます。


--------------------


お次はこれまた認められざる立江寺奥の院、取星寺を目指します。





取星寺へ行く道はいろいろあるのですが、旧遍路道として「阿千田峠」が趣深いとの情報があったのでそちらを通ります。




と山道に差し掛かってすぐこんな鳥居が現れました。


名前の扁額もなく余計に気になりますね。


坂を上った左にお社



この紋はなんだろう


右へ進むと祠があり行き止まり


道は真ん中の奥へ続いています。
すぐ二つ目の鳥居が見えてきます。




ちゃんと鳥居に建立の年月日や扁額もありますし狛犬様もいます。
写っていませんが手水石もあります。




『尾上神社』
「おのうえ」でしょうかね。




これだけですが紙垂(しで)はキレイなので地元の方たちがちゃんと管理しているのでしょう。


道を戻ります。






また別れ道のご案内


新四国(ミニ四国)もあるようだ


阿千田橋というところの下にたどり着くとギャラリーになっています。



たくさんの絵馬と資料の掲示





橋の上に行ってみますと、これより奥は遊歩道となっていました。





橋の下の道を行くか遊歩道を行くかですが、お遍路地図が示すルートは遊歩道から山の中を通って取星寺へ向かいます。


ところが私はよく確認せず橋の下の道を進みました。


そうすると一旦麓の集落へ出て、そこからまた新四国の終点である八十八番から辿るルートで山に入っていきます。


看板を見落として奥まで行ってしまった



八十八番です


そんなにキツイ道ではありませんのでサクサク登っていきます。




お寺まで中間より少し先にある展望広場。




「○○聖山遥拝所」と読めるので高野山のことでしょうか。




増吽(ぞううん)上人(しょうにん:偉い坊さん)はお大師様の再来とも称えられる立派なお坊さんです。
取星寺にも関係があります。


少し先に三宝荒神(さんぽうこうじん)の奥の院がありました。


三宝荒神がこの先にあるということですね。





また少し先には取星寺の縁起ともなる「落ちた星が引っ掛かっていた松」の跡がありました。




新四国をたどりながら登って下りてやっと境内が見えてきました。



これは珍しい制服(軍服?)姿の方と並ぶお大師様




下りてきたところは三宝荒神の敷地です。
一旦鳥居の外に出たところに案内看板があります。





『星三宝荒神とあります。


本殿です




七福神の福禄寿(ふくろくじゅ)様も奉られています


増吽上人の功績が書かれています


この本殿のお奥に取星寺の大師堂があります。
不思議な配置です。




これまた岩壁に埋まっている珍しい大師堂てすね。


お大師様以外にもいろいろな神様がお奉りされています


戻って三宝荒神の奥にはまた別の神社。





元は取星寺と一体であった『妙見(みょうげん)神社』。
後に『明現神社』と改称されました。


ここにも取星寺の縁起が書かれていますね。
「太竜の嶽」とはこの先にある二十番札所『太龍寺』がある山のことです。


そこで妖星(ようせい)が現れました。
妖星とは災いを引き起こす悪い星という意味ですが、これが何の比喩なのかはよく分かりません。


とにかく遠く離れた山で星を祈り落としてそれが落ちた場所が妙見山だったというわけです。




明現神社の隣がお目当ての十九番奥の院
妙見山 取星寺(みょうげんさん しゅしょうじ)』
です。





こちらの縁起はもう少し詳しく書かれていますね。
増吽上人のことも書いてあります。


ここに新四国の一番かあります




立派な蘇鉄(そてつ)の奥に本堂があります。




もう17時を過ぎていたので直接御朱印はいただけませんでしたが、書き置きがあるのでそれをいただいてお寺を後にしました。




これで今日の参拝は終わりです。
後は次を目指して良きところまで進みます。


山を下りる途中のお地蔵様。欠けた頭を丸い石で代用してニコニコ笑顔です(^^)


道路が那賀川(なかがわ)沿いの堤防と合流するところにお社があります。





大変な自然との戦いの歴史です




川を見つめるお不動様



こちらは集落の神社かな?


紫陽花が綺麗です







 動画も是非ご覧ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





最新の近況報告はこちらから随時更新中!!

↓↓↓↓↓↓↓


ツイッター


インスタグラム




















タップダンサー・熊谷和徳



-太古の草原、吹き抜ける風、轟く雷鳴、激しい雨、噴火する火山、揺れる大地、走る草食動物、追いかける肉食動物、深い夜の森、草影を移動する小動物、低く飛ぶ猛禽(もうきん)類 - 





タップダンスを見たことがなかった。



「音楽に合わせ華麗にステップを刻むダンス」

 


それくらいのものだと思っていた。





熊谷和徳(かずのり)のタップダンスはそうじゃなかった。



彼が主体で彼が世界を造っていた。



彼の踏み鳴らす音はリズミカルな音楽ではなく、もっと原始的な、人類が誕生する前の地球の圧倒的な大自然



そんなものがずっとイメージとして頭の中に浮かび駆け巡っていた。





曲調が変わる。



-小雨降る街角。時刻はきっと夕方を過ぎて日が落ちた頃。人びとが行き交う。いろいろな足音。小走りの人は誰かと待ち合わせ。早く会いたくて仕方がない。そんな嬉しそうな足音。静かに歩く人は誰かと別れた後。きっと悲しい別れ。とても淋しそうな足音-





幕間にステージに参加していたセネガルの太鼓奏者が祖国の歴史を語ってくれた 。



多くの黒人が奴隷として売られていった。



今も世界ではいろいろなことがある。



「赦(ゆる)すことはできても、忘れることはできない」



彼の言葉はとても重たかった。





地球上の全ての生物は大地の上に生きている。

海も空も「大地の上に」ある。



皆大地から生まれ大地に還って行く。



大地には全ての生物の歴史と生と死が眠っている。





タップは大地を踏むダンス。



タップダンサー熊谷和徳は地球上のどの生物よりも力強く大地を踏む。



そうして大地の記憶を呼び起こす。



地球の歴史を、人類の歴史を、忘れてはならない悲しみを、そして、それでもなお生きるということの喜びを。





熊谷和徳はシャーマンだ。



『シャーマンとはトランス状態に入って超自然的存在(霊、神霊、精霊、死霊など)と交信する現象を起こすとされる職能・人物のことである。(Wikipedia引用)』



俺は自然に手を合わせてステージを見つめていた。



彼のステップ、音、身振り手振り、表情どれもが神秘的で神憑(かみがか)っていた。



熊谷和徳のステージを観られたこと、そして今回誘ってくれた友人に心から感謝する。

(敬称略) 





















【42日目】恩山寺山奥で大発見!他… 釈迦庵(おむつき堂)、お京塚、清水寺、立江寺

6月11日(火)


昨夜コンビニの前でおにいさんからコーヒーのお接待いただきました(-人-*)




本日は曇り。でも雨降りそうです。
コンビニから恩山寺はすぐ近くです。


廃線の名残でしょうか。敷地主の趣味?


寺の入口となる道にある民宿『ちば』。
名前に親近感を覚えます。




民家の脇に旧遍路道があります。






右側は山ですがそちらにも道があります。





丁石があり「四丁」とあります。
昔は山を越えてこちらの道に出てきたのですね。


遍路道は草が繁っていますが歩けないほどではありません。


ぼろぼろの山門前に出ます。




くぐった先に石柱があります。




お大師様のお母様に由来があります。


今の遍路道は先ほどの民家の脇道に入らず車道を上がってくる道です。




山門の前は通りません。




寺へは車道が続きますが右側の山肌に旧遍路道が残っています。




境内への入口前には大きなお大師様。





十八番『母養山 宝樹院 恩山寺
(ぼようざん ほうじゅいん おんざんじ)



お母様が剃られた髪があるそうです


上が本堂です


本堂の右脇には地神(じじん)様


本堂の左脇からさらに上へ上がる石段がありますがバリケードで通行止め。




『公園が工事中』ということですが立派なお堂があります。


古くて危険だから立入禁止なのかと思いましたが、納経堂の方に聞いたところ「新しい本堂」だそうで、現在引っ越し中とのこと。


といってもお堂が建ってからだいぶ経っており、しかも完全な引っ越しにはあと4、5年かかると言われているとか。


お参りを終え次の札所に向かうため来た道とは違う車道を下ります。


途中から旧遍路道の山道に入ることは知っていましたが、これも「本当の旧遍路道」ではないということを納経堂の方から聞きました。


昔はもっと高い位置から道が伸びており谷を通って山を下りていたが、嵐などで道が崩壊し通れなくなった。


それで少し下ったところの酪農家の方の私有地を通らせてもらう形で新しい歩き遍路道を整備したのだという。


古い遍路道は現在90歳くらいの方なら通ったことがあるくらいの昔だそう。





その話を聞いて初めてこの立て看板の意味が分かりましたね。


山に入るとこんな看板が。




小松島源義経にもゆかりの深い土地です。




くねくね山道を下りきるあたりで番外霊場が現れます。




「おむつき」とはオムツのことです。
お大師様がオムツを納めたことから名がついたそうですが、なにゆえオムツを納めたかは少し調べてみてもわかりませんでした。


ここはおむつき堂としてよりも『紫雲山 釈迦庵(しうんざん しゃかあん)』としての名の方が有名です。


こちらでは弦を張ってます


釈迦庵にはとても珍しい「仏足石」があります。
仏足石とはお釈迦様が入滅(にゅうめつ)された際に石に残されたという足型です。






このカバーの下にあるのが仏足石です。
保護目的のカバーですが汚れて何も見えなくなっています。残念。






さあ、ここを過ぎたところに次の札所への案内立て札があるのですが、どうしても引っ掛かる「心残り」があります。


それは恩山寺へ向かう旧遍路道です。
あの竹林の中から伸びていた道の先がどうなっているのか気になってしょうがありません。


まだそれほど離れていないので戻ってみます!





結果はご覧のとおり、あの丁石から登ってすぐに行き詰まってしまいました。


というわけで、Googleマップで位置関係を確認して「このへんに道ありそじゃね?」と思われる山の反対側へ回り込んでみます。




そしてもう一点、地図を見ていて気になったところが…。






そうこの赤い屋根です。
下にある大きい建物は新本堂です。
その奥にある赤い屋根がとても気になるのです。


この新本堂がある敷地は元々公園だったようです。
通行止めのバリケードに「公園整備中(みたいな)」言葉がありました。


公園の奥にある赤い屋根。
何かのお堂でしょうか。


ただ気になるというのではなく理由があります。


先ほど本堂の右脇に「地神様」があると書きました(上に戻ってみて)。


これを見たとき私は「なんでお寺なのに神道の神様の名前が彫られた石柱があるのだろうか」と疑問を持ちました。


古くは神仏習合で多くの神社とお寺が一体の時代がありましたからその名残とも考えられますが、この恩山寺に神社があった歴史はありません。


しかし疑り深い私は「実はどこかに神社の痕跡があるのでは?」と推測したのです。


地神様については後ほど調べたところ、お寺にあってもおかしくないものだと分かりました。これはまた別記事で触れます。


ただこの時私は赤い屋根に「隠された神社の痕跡」を期待しワクワクしていました。


裏山を探せば旧遍路道が見つかり、あわよくば赤い屋根にまで辿り着けるかもしれない。


そうして行ってみたところあっさり山に入る道がありました。


ありましたが登っていった先で道は途絶えました。


遍路道はここからではなかったかと思いつつ、そのまま道なき山肌を登って赤い屋根にアタックすることにしました。


足元はおぼつかず斜面も急ですがなんとか這いつくばって登ります。


そうしたらこんなものが現れました。




手すり( ̄▽ ̄*)


これは「忘れ去られた遺跡」への道しるべ!


目的の赤い屋根は下っていかなければなりませんが、上にも続いているので一応上にも行ってみましょう。


私は赤い屋根はお堂でその上の構造物は電気関係の廃施設かなと予想していました。




草木に覆われているところもありますが階段もしっかり続いています。
朽ちて倒れた電灯もあります。


そうして頂上までやってきました。




なんか見えてきた。




手前は公衆トイレ。奥はなんだ?




展望台だ!




なんと恩山寺の山の頂上には展望台があったのです。




長椅子が一脚。
座れば眼前に広がるはずの景色は残念ながら木の枝葉で邪魔されてしまっていました。


しけし柵に沿って周りを見てみたら階段の反対側位置にこんなものが!




なんと剣山大権現です。





剣山信仰の篤い地元の会社かなにかでしょうか。


とにかく思わぬ大収穫に興奮しました!


それでは下っていきましょう。 


赤い屋根の正体とは?






休憩所でした。


この休憩所の面白いところは「下から昇る階段がない」ことです。


ここはもしかしたら古い登山道から下りてきて恩山寺へ行くか展望台へ行くかの分岐点だったのではないかと思います。


この休憩所から新本堂の敷地へ出る道はもはや無いにも等しい有り様です。


新本堂が開かれてもこの道は復活しないでしょう。


私のように好奇心に駆られて進む人だけが見られる景色です。


恩山寺も心行くまで探索できたのでやっと順路へ戻ります。


次の札所、立江寺まで行く途中にあるのが番外霊場『お京塚』。





ここの伝説も怖くて不思議です。
簡単に紹介すると、お京さんという女性が浮気相手と共謀して夫を殺し、その後身分を偽って遍路をしていたら立江寺境内の木に髪が打ち付けられ四苦八苦。
泣いて懺悔すると頭皮が剥がれなんとか助かり、以降は改心してここで生涯を過ごした、ということです。


こちらはもともと遺跡(小さなお堂)だけだったところに立派なお遍路小屋が建てられました。




新しい位牌も供えられています


裏には古来の墓石や石碑


ここから程なくして立江寺なのですが、その前に立江寺の少し先にある奥の院へ行きます。





昔に立江寺があった場所に建てられたお寺が奥の院になりました。


集落の奥に静かに佇んでおります。




『奥谷山 清水寺(おくだにさん せいすいじ) 』






裏山にはミニ四国があります


さてそれでは立江寺に向かいましょう。
赤い立江橋を渡ります。





街の中にあります。





十九番『橋池山 摩尼院 立江寺
(きょうちさん まにいん たつえじ)





縁起にも奥の院のことが書いてありますね。






街の中にありながら大きな建物がぎゅっとまとまっており緑も多く威厳が感じられます。


この日はあいにくの強い雨模様でゆっくり見られませんでした。


このあとは順路から外れて銭湯とコインランドリーに向かいます。



徳島といえば「あらたえ」ですね!
館内にはあらたえやその他徳島起源のものが取り上げられた新聞記事の切り抜き等が掲示されていました。


ではまた!



















最新の近況報告はこちらから随時更新中!!

↓↓↓↓↓↓↓


ツイッター


インスタグラム




















【41日目】十八番奥の院『金磯弁財天』他、藤樹寺、お杖の水

ひっっっさしぶりのブログを更新です!


これを書いている現在(19年7月8日)は金欠のため神奈川県まで戻りバイトをしています。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


6月10日(月) 41日目


前回は十七番の井戸寺まで打ってその後は一週間ほど徳島駅周辺に滞在。


次の進路を意識して微妙に南下しつつ再スタート。
まずは特大の徳島ラーメンで腹ごしらえ。





今日は番外霊場の『お杖の水』を目指して歩きます。


その途中、脇道に気になるお寺を見つけたので寄ってみます。




『藤樹寺』
「ふじきでら」? 
 


小さめの仁王様




小さいが綺麗に保たれている境内。
ご本尊は薬師如来様。





薬王寺にもたしかにありましたね。






小松島には狸伝説が多く残されています。
高名な狸を神様として祀る神社もあります。








鐘楼の横には狸合戦の昔話が書いてある看板があります。


一部読みづらいですが、ブログの最後に貼ってあるYouTube動画では読み上げていますので是非見てみてください。





そしてここはこの先にあるお杖の水の管理寺でありました。




これは知らなかったのでとてもラッキーを感じました!


かもたまたまご住職もいらっしゃったので御朱印もいただけましたよ(^^)


お話を伺ったところこのお寺は「とうじゅじ」と読むそうで、十一番の藤井寺と同じく境内に藤が多く植わっているところからついた名前だそうです。
地元の方には「ふじきさん」と呼ぶ方もいるらしいです。


御朱印は4、5年前から始めたのでまだそんなに知られていないのではとのことです。


それでは、御朱印は先にもらってしまいましたがお杖の水へ向かいましょう。



ちゃんと書いてありますね





畑の中にちょこんとありました。
お大師様の右の板碑(いたび)には縁起が彫ってあります。

 
ではこのまま西の海岸へ向かいます。
次の札所、十八番『恩山寺(おんざんじ)』とは方向が反対になりますがその恩山寺奥の院があるのです。




久しぶりの磯の香りに癒されます。
奥に見えるこんもりと木が茂った突き出ているところが奥の院です。




ここが『金磯弁財天(かないそべんざいてん)』です。








境内は広々しており、木々に囲まれ静寂な空気に包まれています。




縁起が書かれています。
Wikipediaさんを参照してご紹介。


平安時代前期に恩山寺で修行を行っていた空海弘法大師)が東の方の島に龍燈(明かり)を見つけた。そこで船を借りて島に上陸するとそこには美しい姿をした女神が座っていた。

空海は女神と一晩、法話を交わした。

夜が明け始める頃、女神は「私はこの海上を守護する弁財天である。」と言い、そして夜が明けると共に白龍となって海中に帰って行った。その後、空海はこの丘に弁財天を祀った。



これが金磯弁財天の縁起であり恩山寺奥の院である理由です。


昔は陸続きになっておらず離れ小島だったんですね。


なにかの祠




こちらが本堂ですが狛犬さんがいます。
つまり神社ということでしょうか。



亀に乗った浦島太郎です




本堂の裏手に回るともうひとつ小さなお堂があります。


この造りはまさしく神社の拝殿と本殿です。


さらにその裏手には石碑が二基あります。


拝殿の右から回りこみ本堂との渡しの下をくぐりますとます一基。




一段高い位置にありますので登って撮りました。
「孔雀経」と読めますね。


そして本殿の真裏にもう一基。



 
こちらは正面に回り込むのが難しいほど狭いので手を伸ばして撮影。




これは「法華経」でしょうか。


周囲も散策してみましょう。





海っぺり故に外敵から攻め込まれることが多かったようですね。
それを迎え撃つための砲台です。





この岩穴は自然のものなのか防空壕なのか。
行場という説もあるそうです。


小高い山を登っていきますと砲台があった場所に出ます。


跡はありませんが見晴らしのよい広場です。
端には石碑もありますが全く読めませんでした。





鳥居と祠もあります。







怖いです。
他では見かけないお顔と形をしています。


ここにくるまでの階段脇にも日本の石像、仏像には見られない変わった形の像が何体かありました。怖いです。


一周して戻ってきたら境内を出て海岸へ行ってみます。




岩場までの通路はあります。




松尾芭蕉も来たことあるのでしょうか。



 

ぽつんと祠があります。


岩壁を伝って渡ります。




これだけでした。


ご近所のおかあさんがワンちゃんと散歩していました。





飼っていたうちの犬を思い出しました。


初めは吠えていましたが、私がお尻を向けてにじり寄っていくとクンクンと匂いを嗅いで敵ではないと判断してもらいました(^_^)




おかあさんと長生きするんだよー!





突き出た堤防の先で記念撮影。




今日も日が暮れる。







 



「礒」は「磯」です(^-^;





 


最新の近況報告はこちらから随時更新中!!

↓↓↓↓↓↓↓


ツイッター


インスタグラム