さいとうひろおブログ

夢と希望と借金しかない。千葉県の実家から沖縄目指して歩いてます。自分探しではなく、探した結果見つかった答えがこれだった。

映画『人魚の眠る家』感想






おはようございます、さいとうひろおです。


先日Amazonビデオで映画鑑賞しました。

東野圭吾さん原作の人魚の眠る家』です。

篠原涼子さんと西島秀俊さんが主演です。


私は「映画」というものの知識や教養がないので、感想は本当にただの感想であり映画としての出来不出来や内容の良し悪(あ)しとは切り離して捉えていただきたい。


※以下ネタバレ含む※


とってもざっくり説明すると「植物状態の子供の延命」がテーマなんですが、この家庭は金に余裕があるもんであらゆる手を尽くして延命に励む。



金に余裕がない家庭だったらそんなことできないから脳死判定を受けて死を受け入れるしかない。


でも結局、この家庭も脳死を受け入れるんですよ。



回復する可能性は無いことはないらしいけど回復したら映画にならないから、回復しないまま死を受け入れるんだろうなとは思って観てました(冷静に)。



それを前提にこの家庭(夫婦)がどうやって子供の脳死を受け入れていくか、が見所だし考え所ですね。


この映画はお金と時間と人手と最先端科学技術という、考えられるあらゆる手段をもって子供を延命させます。



そうしてこそ生まれる葛藤、苦悩、親子愛、人間のエゴ、生命倫理、科学倫理を見せます。



これは「究極の延命体験映画」です。



人は遅かれ早かれ必ず死にます。



この映画は結果ではなく過程に意味があります。



命を繋ぐのにお金が必要な人達は「お金があれば」と嘆きますが、この映画は「お金があっても」という金銭的、物質的な問題をクリアした先の苦悩を描いています。



私はそういう視点で鑑賞しました。



延命をテーマにフィクションを作るならここまでやって初めて意味があるのではなかろうか。



ここまでやって初めてフィクションがフィクションで終わらず、リアルに訴えかける存在感と迫力を持つのだと感じました。



原作があるのでそれを2時間に収めるのは難しいと思います。

私は原作未読ですが、原作の方がより細かい心模様の移り変わりが描かれているとは思うので、原作を読んで映画を観た人には少し物足りないと感じられるかもしれませんね。



良い映画でした(^_^)












【旅のこれまでの歩み】

2018年9月に実家の千葉県を出発。
歩いて沖縄を目指す旅に出た。



10月末に大阪駅に到着。
寒くて野宿ができない冬の間は滋賀県にて工場勤務。



2019年4月末より旅を再開。
和歌山港から四国に渡り『歩いて沖縄旅』の番外編『四国八十八ヵ所霊場お遍路旅』をスタート。



7、8月は毎年恒例の富士登山と資金稼ぎのため神奈川県まで戻りバイトをしたり遊びながら過ごす。



10月半ばに高知県最後のお寺まで行き今年の旅を終え、越冬と資金稼ぎのため九州に渡る。



これからもどんな出会いやハプニングが待ち受けているのか!?



各種SNSではリアルタイムで動向を発信。

YouTubeではお遍路の様子を全行程アップ!貴重な動画資料です!

ぜひ訪問お待ちしてます!!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一番タイムリーに更新されるのはこちら!

特にストーリーは景色も気持ちも新鮮!!


『インスタグラム』



一番さいとうひろおの人柄が出るのはこちら!
自分のつぶやきより人のつぶやきリツイート多め。
どんなことに興味関心があるのか分かります。


『ツイッター』


  



四国お遍路の動画はこちら!

写真とは違う臨場感溢れるお遍路資料!

八十八ヵ所霊場だけでなく番外霊場、別格霊場、元札所、奥の院、元奥の院、前札所、その他社寺、霊跡遺跡などマニアックな場所も訪問!!


『YouTube』











アニメ『鬼滅の刃』の感想は4文字




週刊少年ジャンプで連載中の人気作品。
ネカフェで漫画を読んでからアニメを観た。


俺は漫画もアニメも「面白い」と思う。


俺の評価で「面白い」は「普通」「見てられる」くらいのもの。


高評価なときは「スゴい(感情に言葉が追いつかない)」と「震える(心も体も)」になる。


アニメはAmazonで視聴したが他の人のレビュー(感想)が見られる。


星5つ中の3つまでを「評価できる」に含めるとするならこの作品は8割から評価されているので良作と言えるのだろう。


ここからが大事なのだが、俺は自分の評価と反対の評価のレビューを読むのが好きだ。
自分が高評価なら低評価を、自分が低評価なら高評価レビューを読む。


それは「自分と違う感覚」だからだ。


自分と同じ感覚の人と話すのは楽しい。


しかし自分と違うものの見方、感覚、感性を持っている人の意見や感想に触れるのはまた違った味わいがある。


第一に「新鮮」だ。さっきも書いたように自分とは違う感性だから。


第二に、自分と違う感性に触れることで自分の感性を客観視できる。


この人はここが気になるけど俺は気にならない。
俺も気になるけど嫌とは思わない。


それはなぜだ?


なぜ俺はそこが気になったり気にならなかったりするのだ?


俺はこの作品を見るに当たってなにを重要視していたのだ?


ということを考えるきっかけになる。


一つの作品とそれに対する自分とは相反する感想を通して、今まで見たことなかった角度で自分を見て新しい自分を知ったり、知っていたけどぼやけていた一面をより鮮明にすることができる。


漫画やアニメに限らずあらゆる芸術鑑賞や体験は一人でしても全然構わないが、その後に他の人の感想に触れてみるってのはとても有意義だ。


二度も三度も美味しいことだ。


今は感想はネットでいくらでも探せる。
ネットのいいところは対面で話されるわけじゃないから自分のペースで読めること。


それと文字だけだから感想に余計な感情が乗ってこないこと。


多少不快でも噛み砕くゆとりが取れる。


とまあいろいろまったく本作品とは関係ないことを書いたけど、続きが気になるからまた今度ネカフェ行って漫画読まないと!










【旅のこれまでの歩み】

2018年9月に実家の千葉県を出発。
歩いて沖縄を目指す旅に出た。



10月末に大阪駅に到着。
寒くて野宿ができない冬の間は滋賀県にて工場勤務。



2019年4月末より旅を再開。
和歌山港から四国に渡り『歩いて沖縄旅』の番外編『四国八十八ヵ所霊場お遍路旅』をスタート。



7、8月は毎年恒例の富士登山と資金稼ぎのため神奈川県まで戻りバイトをしたり遊びながら過ごす。



10月半ばに高知県最後のお寺まで行き今年の旅を終え、越冬と資金稼ぎのため九州に渡る。



これからもどんな出会いやハプニングが待ち受けているのか!?



各種SNSではリアルタイムで動向を発信。

YouTubeではお遍路の様子を全行程アップ!貴重な動画資料です!

ぜひ訪問お待ちしてます!!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一番タイムリーに更新されるのはこちら!

特にストーリーは景色も気持ちも新鮮!!


『インスタグラム』



一番さいとうひろおの人柄が出るのはこちら!
自分のつぶやきより人のつぶやきリツイート多め。
どんなことに興味関心があるのか分かります。


『ツイッター』


  



四国お遍路の動画はこちら!

写真とは違う臨場感溢れるお遍路資料!

八十八ヵ所霊場だけでなく番外霊場、別格霊場、元札所、奥の院、元奥の院、前札所、その他社寺、霊跡遺跡などマニアックな場所も訪問!!


『YouTube』











昨年のお遍路ざっくりまとめ



【集計結果】
今年のお遍路で訪れた徳島県高知県の場所をまとめてみた。


分類は寺、神社、その他である。


遠目に見ただけたったり入口だけ見て素通りしたものは含まない。


最低でもお堂の前まで、または近づける所まで行って手を合わせた場所を数えた。


その他は大師堂、奥の院、遺跡、名所、古墳、行場(ぎょうば)など幅広く含む。


道端のお地蔵様は名前のついていたものは数に入れた。


それぞれの分類だが名前に「庵」「堂」「宮」「社」「院」「廟(びょう)」などいろいろあってかなり主観的な大雑把な分類ではある。


寺…60  神社…34  その他…69
計163

寺…33  神社…35  その他…86
計154

総計317



当初の予定(想像)を大幅に超える寄り道に次ぐ寄り道!!
「予定通り」なんてなんも面白くないわ!!


これが旅よ!人生よ!


楽しくてしょうがなかった!!


早く戻りたい!だけどちゃんと続けて旅をしたい欲求も出てきた!
 

だから働く!


やりたいことを真っ直ぐやり続けて芽生えた欲求!


だから素直に従える!


人から言われて、自分でも確かにそうだとは思えても、やっぱりやってみなきゃ納得できないことってある。


やってみてから納得したい。


分かったふり、お利口なふりはしたくない。


どうでもいいことは流すけど、人生の本筋は譲っちゃいけない。


立ち止まったり後戻りして時間も金もロスするかもしれないとしても、それよりも大事だと思えることがあったら、全力で立ち止まるし後戻りする!


年齢も立場も見栄も金も人間関係のしがらみも全部振り払ってでも!


自分が良ければいいんだ結局!という段階を経て、真っ当にそういう順序を踏んでこそ、次へ進める。


自分のためを存分にやってると、自然に世のため人のために思いを向けるようになる。それでいい。


まだまだ自分ばっかりだけど、しゃーない!今は!
























【旅のこれまでの歩み】

2018年9月に実家の千葉県を出発。
歩いて沖縄を目指す旅に出た。



10月末に大阪駅に到着。
寒くて野宿ができない冬の間は滋賀県にて工場勤務。



2019年4月末より旅を再開。
和歌山港から四国に渡り『歩いて沖縄旅』の番外編『四国八十八ヵ所霊場お遍路旅』をスタート。



7、8月は毎年恒例の富士登山と資金稼ぎのため神奈川県まで戻りバイトをしたり遊びながら過ごす。



10月半ばに高知県最後のお寺まで行き今年の旅を終え、越冬と資金稼ぎのため九州に渡る。



これからもどんな出会いやハプニングが待ち受けているのか!?



各種SNSではリアルタイムで動向を発信。

YouTubeではお遍路の様子を全行程アップ!貴重な動画資料です!

ぜひ訪問お待ちしてます!!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一番タイムリーに更新されるのはこちら!

特にストーリーは景色も気持ちも新鮮!!


『インスタグラム』



一番さいとうひろおの人柄が出るのはこちら!
自分のつぶやきより人のつぶやきリツイート多め。
どんなことに興味関心があるのか分かります。


『ツイッター』
  



四国お遍路の動画はこちら!

写真とは違う臨場感溢れるお遍路資料!

八十八ヵ所霊場だけでなく番外霊場、別格霊場、元札所、奥の院、元奥の院、前札所、その他社寺、霊跡遺跡などマニアックな場所も訪問!!


『YouTube』










シフクの時

「雌(メス)が伏せる」と書いて「雌伏(シフク)」。


雌鳥(メンドリ)が雄鳥(オンドリ)に付き従う様子から「人に服従する、忍耐辛抱する様」を意味し、転じて「力を蓄えながら活躍の時を待つ」という意味も持つ。


漫画や小説などで主人公が修行する場面は細かく描写されない。


漫画なら一コマ、小説なら一行くらい。
「あれから2年の月日が流れ…」とか。
それは修行の様子が地味で面白くないから。


その後の派手な活躍のシーンは数時間の出来事に何ページも何行も費やす。


派手に活躍したい、活躍し続けたいと思っても燃料が無い、燃料が続かない。
細切れに燃料補給をしていても細切れの活躍しかできない。


「仕方なく働いている」「諦めておとなしくしている」んじゃないぞと。


今は雌伏の時なんだと。


雌伏の対義語は雄飛(ユウヒ)。


いつか飛んでやるんだと。


そのためにじっと耐えながら準備をするのだ。


そうして至福の時を迎えに行くのだ。
















【旅のこれまでの歩み】

2018年9月に実家の千葉県を出発。
歩いて沖縄を目指す旅に出た。



10月末に大阪駅に到着。
寒くて野宿ができない冬の間は滋賀県にて工場勤務。



2019年4月末より旅を再開。
和歌山港から四国に渡り『歩いて沖縄旅』の番外編『四国八十八ヵ所霊場お遍路旅』をスタート。



7、8月は毎年恒例の富士登山と資金稼ぎのため神奈川県まで戻りバイトをしたり遊びながら過ごす。



10月半ばに高知県最後のお寺まで行き今年の旅を終え、越冬と資金稼ぎのため九州に渡る。



これからもどんな出会いやハプニングが待ち受けているのか!?



各種SNSではリアルタイムで動向を発信。

ぜひ訪問お待ちしてます!!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一番タイムリーに更新されるのはこちら!

特にストーリーは景色も気持ちも新鮮!!


『インスタグラム』



一番さいとうひろおの人柄が出るのはこちら!
自分のつぶやきより人のつぶやきリツイート多め。
どんなことに興味関心があるのか分かります。


『ツイッター』
  













今日は誰にも愛されたかった

ニュースは過激なものばかり取り上げるから、悲しみや恐怖、不安を煽られて過ごしてしまう。


テレビは見なくなって久しいが、ついにスマホのニュースアプリも消してしまった。


昨年の個人的な一大ニュースといえば韓国人タレントの元KARAのハラさんが亡くなられたこと。


どんなに世間的、世界的な凶悪事件や大事故も結局は他人事だが、彼女の死は近しい友人を失くしたような身につまされる悲しみだった。


そんな年末も差し迫った暮れも暮れに、一首の短歌に出逢った。


詩人、というよりその存在が「詩」そのものとも評される谷川俊太郎(タニカワシュンタロウ)さんと若手歌人の筆頭格2名、木下龍也(キノシタタツヤ)さんと岡野大嗣(オカノダイジ)さんの3名による詩と短歌をリレー形式で読み合った連詩『今日は誰にも愛されたかった』をAmazonで購入した。



俺はこの3名それぞれの詩と短歌が大好き(ツボ)なのでこのコラボはとても興奮したし期待が外れることはないと確信していた。


この中で岡野さんが詠んだ歌が…


 四季が死期にきこえて 音が昔にみえて
今日は誰にも愛されたかった


この下の句が3名の話し合いでタイトルに選ばれた。


俺は真っ先にハラさんが頭に浮かんだ。
そしてハラさんを追い詰めた世間の不寛容さに改めて胸が苦しくなった。


必要以上に他人に介入しながら、しかしその苦しみは想像しない矛盾の怪物、それが「不寛容」だ。 


一方的に首を突っ込み、ただ傷つけるために傷つけ、批判するために批判する。
それで人が死のうが誰も責任を感じない。


誰も自分が殺したと思わない。
そしてまた誰かを攻撃する。


「誰にも愛されなかった」であれば事実を述べただけだが「誰にも愛されたかった」は願いだ。


この普段使わない言い回しが余計に読んだ人の心に引っ掛かる。


「誰にも愛されたかった」なんて、とても欲張りで出過ぎた願いだろうか。


人生は池に張った氷の上を歩くようなものだ。


人は微笑みながら片方の手で握手をしもう片方の手でナイフを突きつけ合っている。


そんな緊張と不安に苛(さいな)まれながら生きている人がいる。


そんな時、ふと自分を殺したくなったり他人を殺したくなったりした時に、「四季」が「死期」に聞こえたり「音」が「昔」に見えてしまった時に、誰にも愛されたかったと思うことはそんなに欲張りで出過ぎた願いだろうか。


ハラさんを追い詰めたネット社会の闇は日本でも問題になるが、俺はSNSを見ていると良い方向に変わってきていることもたくさんあると感じる。


違いを理解し認め尊重し合う。
嫌なものにはわざわざ近づかない。
嫌だからって攻撃していいわけではない。
自分も誰かにとっての嫌かもしれないのだ。


こういう認識が少しずつ広まり共有され浸透してきている。少しずつ。


ハラさんを傷つけたやつを傷つけようとするなら同じ穴の狢(むじな)だ。


ハラさんの死を大事に思うなら、自分は身近な人に嫌な思いをさせていないか振り返ることだ。


それが彼女の望みであり供養になるだろう。














【旅のこれまでの歩み】

2018年9月に実家の千葉県を出発。
歩いて沖縄を目指す旅に出た。



10月末に大阪駅に到着。
寒くて野宿ができない冬の間は滋賀県にて工場勤務。



2019年4月末より旅を再開。
和歌山港から四国に渡り『歩いて沖縄旅』の番外編『四国八十八ヵ所霊場お遍路旅』をスタート。



7、8月は毎年恒例の富士登山と資金稼ぎのため神奈川県まで戻りバイトをしたり遊びながら過ごす。



10月半ばに高知県最後のお寺まで行き今年の旅を終え、越冬と資金稼ぎのため九州に渡る。



これからもどんな出会いやハプニングが待ち受けているのか!?



各種SNSではリアルタイムで動向を発信。

ぜひ訪問お待ちしてます!!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一番タイムリーに更新されるのはこちら!

特にストーリーは景色も気持ちも新鮮!!


『インスタグラム』



一番さいとうひろおの人柄が出るのはこちら!
自分のつぶやきより人のつぶやきリツイート多め。
どんなことに興味関心があるのか分かります。


『ツイッター』
  













挨拶をしよう

「明けましておめでとうございます」

昨年不幸に見舞われた方には配慮すべき言葉かもしれません。

しかしこの言葉は日々に置き換えれば「おはようございます」と同じです。

目が覚めて、挨拶を交わすことができる、挨拶を交わす相手がいる(植物でもペットでも仏壇でも構いません)。

これは幸せなことです。

挨拶は生きている証です。

挨拶をしましょう。

年が明けた、自分は生きている、あなたも生きている。

明けましておめでとうございます。










【旅のこれまでの歩み】

2018年9月に実家の千葉県を出発。
歩いて沖縄を目指す旅に出た。



10月末に大阪駅に到着。
寒くて野宿ができない冬の間は滋賀県にて工場勤務。



2019年4月末より旅を再開。
和歌山港から四国に渡り『歩いて沖縄旅』の番外編『四国八十八ヵ所霊場お遍路旅』をスタート。



7、8月は毎年恒例の富士登山と資金稼ぎのため神奈川県まで戻りバイトをしたり遊びながら過ごす。



10月半ばに高知県最後のお寺まで行き今年の旅を終え、越冬と資金稼ぎのため九州に渡る。



これからもどんな出会いやハプニングが待ち受けているのか!?



各種SNSではリアルタイムで動向を発信。

ぜひ訪問お待ちしてます!!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


一番タイムリーに更新されるのはこちら!

特にストーリーは景色も気持ちも新鮮!!


『インスタグラム』



一番さいとうひろおの人柄が出るのはこちら!
自分のつぶやきより人のつぶやきリツイート多め。
どんなことに興味関心があるのか分かります。


『ツイッター』
  













ニゲロ、アキラメロ




逃げるのも諦めるのもあまり良いイメージの言葉ではないがそれは時と場合による。


「退は是(こ)れ仮退 真退は是れ敗」という言葉もあるし「相手の力量(勝てるか勝てないか)を見極めるのも強さのうち」とも言う。
「あきらめる」とは「あきらかに見極める」が原意だし仏教には絶対不変の真理、悟りの境地を意味する「真諦(しんたい)」という言葉もある(意味の解釈には諸説ある)。


だから「逃げる」ことも「諦める」こともそれ自体に良いも悪いもない。
初めに書いたように「時と場合による」のだ。


人間はあらゆる場面で信念と世間とのぶつかり合いをしながら生きている。
「真っ直ぐ」生きるか「上手に」生きるか。
「尖って」生きるか「丸く」生きるか。
どの場面でどう判断するかは自分の信念がどこにあるかが基準だ。


「一度逃げたら逃げ癖がつく」とか「諦め癖がつく」とか言う人がいる。
大丈夫、余計なお世話だ。
人間は自分の業(ごう)からは逃げきれない。


諦めについても「諦めましたよ どう諦めた 諦めきれぬと諦めた」なんて昔の都々逸(どどいつ)もある。
逃げたければ逃げきれなくなるまで逃げようとしてみればいい。


ほとんどの人が途中で疲れて前を向く。
諦めるのも、諦めきれないと諦められれば引きずったまま前に進めるようになる。


だから俺は「逃げたい」という人がいれば「いいんじゃない」と言うし「諦めたい」と言う人がいれば「いいんじゃない」と言う。


「無責任だ」という批判は的外れだ。
人間に他人の人生の責任なんて負えないんだよ初めから。


俺はそいつが「逃げたい、諦めたい」って言ったらその通りに背中を押すだけ。

「逃げろ、諦めろ」

背中を押されて進むかどうかはそいつの責任だ。


死ぬよりいいか、死んだ方がいいか。
自分で考えな。










【旅のこれまでの歩み】

2018年9月に実家の千葉県を出発。

歩いて沖縄を目指す旅に出た。




10月末に大阪駅に到着。

寒くて野宿ができない冬の間は滋賀県にて工場勤務。




2019年4月末より旅を再開。

和歌山港から四国に渡り『歩いて沖縄旅』の番外編『四国八十八ヵ所霊場お遍路旅』をスタート。




7、8月は毎年恒例の富士登山と資金稼ぎのため神奈川県まで戻りバイトをしたり遊びながら過ごす。




10月半ばに高知県最後のお寺まで行き今年の旅を終え、越冬と資金稼ぎのため九州に渡る。




これからもどんな出会いやハプニングが待ち受けているのか!?




各種SNSではリアルタイムで動向を発信。


ぜひ訪問お待ちしてます!!





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



一番タイムリーに更新されるのはこちら!


特にストーリーは景色も気持ちも新鮮!!


『インスタグラム』




一番さいとうひろおの人柄が出るのはこちら!

自分のつぶやきより人のつぶやきリツイート多め。

どんなことに興味関心があるのか分かります。


『ツイッター』